2008年12月、雑誌の特集記事に触発され、副業としてドロップシッピングを始めてみるものの・・・、現実はキビシー!!

めざせ!月収10万UP!

サラリーマンの副業に最適なネットビジネス!


もしもドロップシッピングは↓こちらから、今すぐ、無料で始められます♪ もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業 副業にも



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レンタルサーバーなら使えるねっと
とりあえず、HTMLエディタショップ用のテンプレートを手に入れました。

さて、この二つのアイテムを使って、早速ショップ作りを始めましたが・・・、
なんだかパッとしない。・・・。 ほらね。
toppage-old_convert_20081220224437.jpg

やっぱり、トップページには、目を引くバナーが必要だと感じました。

という訳で、今度はバナー画像を作る為、「グラフィックエディタ」を探すことになりました。

(※12月23日 お詫び)
すみません。 私がバナー作りに使用したソフトはPixiaだけではなく、もう一つ、Inkscapeというフリーソフトも使っていました。 なぜかバナー作成時にInkscapeを使った事を、すっかり忘れて記事を書いてしまい、まるでPixiaだけで作ったように書いてしまいました。 以下、初稿時より記事の訂正をさせて頂きます。


グラフィックエディタ系のソフトを大別すると、写真などの画像を加工する「フォト系エディタ」、そして線画などを作成する「ドロー系エディタ」の2つがあります。
バナー画像を作成する為には、基本この2種類のソフトが必要となります。

まず・・・、この手の有名な商用ソフトと言ったら、フォト系エディタでは、「Adobe Photoshop」、ドロー系エディタでは「Adobe Ilustrator」でしょうか。
でも、もちろん高くてそんなもん買えません。たはー

では、いつものようにベクターでフリーソフトを探します。

まず、フォト系エディタですが、どうやら、この分野のフリーソフトは以下の2つが2強として君臨しているようです。

◆PictBear

pictbear_convert_20081220231145.jpg

◆Pixia

pixia_convert_20081220231221.jpg

どちらも、高機能なフルカラーペイントソフトです。

甲乙つけ難いっていうか、どちらも使いこなせず、どっちでも良いか状態に。きゃー!

とりあえず、この↓カニのバナーの画像加工はPixiaで行いました。kani_convert_20081220232050.jpg

カニの元写真は、もしもの商品ページで使われていたものです。

次にドローエディタですが、1つ良さそうなものを見つけました。

◆Inkscape (こちらは窓の杜で見つけました。)

inkscape2_convert_20081223133930.jpg

こちらもフリーの割に多機能で、しかも、結構使いやすいです。

Pixiaで画像加工したあと、その画像をInkscapeで読み出し、文字(キャッチコピー)の入力や、線画(「半額!!」の周りのギザギザ等)の作成が行えます。
しかし、このソフト、最終出力をJPEGで保存できません。 PNGでなら保存できるので、PNGに保存後、またPixiaで読み込み、JPEGに変換してバナー画像の完成となります。

実は、ショップ作成の作業で一番時間かかったのがこの「カニバナー」でした。うわー!
(丸2日かけてます・・・。あせ

まぁ、しかし、おかげでトップページも少しはパッとしました。にっこり
koreumaiya_convert_20081220233516.jpg

しかし、この2本のソフトだけでバナー作成が自由自在ってわけではないので、他に補完するソフトを探さなければ・・・。

次回に続きます。


最後にクリックして頂けると、
うれしいです。


にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへにほんブログ村
ドロップシッピングブログ
スポンサーサイト

関連タグ : ショップ作成, グラフィックエディタ,

レンタルサーバーなら使えるねっと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。